0859-38-6153
鳥取大学医学部 統合分子医化学

スタッフ紹介

松浦 達也(まつうら たつや)
教授

【専門分野】

 生化学、医科栄養学、酸化ストレス学

【研究テーマ】

 過酸化リン脂質の新規生理活性、健康寿命延伸に役立つ食品機能性成分の探索  

【略歴】

 1983年3月 広島大学医学部医学科卒業

 1983年6月 島根医科大学医学部附属病院 医員(第二内科)

   1987年7月 島根医科大学医学部附属病院 助手(第二内科)

 1992年3月 広島大学大学院医学系研究科修了

   1995年9月 鳥取大学医学部 助手(生化学講座)

   2000年4月〜2001年12月 海外出張(ピッツバーグ大学客員研究員:V.E. Kagan's Lab)

 2003年2月 鳥取大学医学部 講師(統合分子医化学分野)

 2003年11月 鳥取大学医学部 助教授(統合分子医化学分野)

 2007年4月 鳥取大学医学部 准教授(統合分子医化学分野)

 2009年4月 鳥取大学医学部 教授(統合分子医化学分野)

   2013年4月〜2015年3月 医学部学部教育支援室長(併任)

 2016年4月〜現在 鳥取大学医学図書館長(併任)

 2019年4月〜現在 鳥取大学附属図書館長(併任)

 2019年4月〜現在 鳥取大学副学長(附属図書館担当)(併任)

 2020年4月〜現在 鳥取大学医学部 教授(生化学分野)(分野名称変更)

【学会活動】

 日本ビタミン学会理事、日本酸化ストレス学会理事、日本コエンザイムQ協会理事、日本生化学会理事(中国・四国支部長:2017年〜2019年)、日本過酸化脂質・抗酸化物質学会幹事、ビタミンE研究会幹事、脂溶性ビタミン総合研究委員会幹事、日本生化学会評議員、日本臨床栄養学会評議員、日本機能性食品医用学会評議員、Society of Toxicology Full Membership、Yonago Acta Medica (YAM)編集委員長、JCBN編集委員、日本ビタミン学会編集委員会トピックス等担当委員など

【受賞歴】

 2007年 鳥取大学研究功績賞

 2008年 鳥取大学医学部教育功績賞

【連絡先】

 tmatsura(at)tottori-u.ac.jp

(メール時には(at)を@に置き換えてください

 



中曽 一裕(なかそ かずひろ)
准教授

   1994. 3  鳥取大学医学部卒業

   1999. 3  鳥取大学大学院修了 博士(医学) (生化学:山田一夫教授)

 

   1999. 5  鳥取大学医学部附属病院 医員(研修医)

   1998. 8  Johns Hopkins大学(米国)リサーチフェロー (Neuroscience)

   1999. 7  鳥取大学医学部附属病院 医員 脳神経内科

   2000. 2  国立浜田病院 医師 (内科,神経内科)

   2001. 4  鳥取大学医学部附属病院 医員 脳神経内科

   2005. 7  鳥取大学医学部附属脳幹性疾患研究施設 助手

   2007. 4  鳥取大学医学部附属脳幹性疾患研究施設 助教

   2009. 7  鳥取大学医学部 助教 (配置換)

   2010. 7   鳥取大学医学部 講師 統合分子医化学(現 生化学)

   2013.11   鳥取大学医学部 准教授 統合分子医化学(現 生化学)

 

      講義担当:細胞生化学,基礎生物学,基礎神経学,基礎医学実習

 

   研究: 神経疾患・精神疾患の分子病態.

       (認知症,うつ,パーキンソン病,グルタミン酸,xc-系,xCT,

          ミクログリア,α-synuclein,amyloid β,p62,etc)

       酸化ストレスと病態.(Nrf2,フリーラジカル,etc)

       食品成分と健康(ビタミンE,ポリフェノール,etc)

 

   学会:日本生化学会,日本分子生物学会,日本酸化ストレス学会,日本ビタミン学会,

      日本過酸化脂質抗酸化物質学会,ビタミンE研究会,

      日本神経学会,日本神経科学会,日本内科学会,

      Society for Neuroscience (北米神経科学会)

 

【連絡先】kazuhiro(at)tottori-u.ac.jp

(メール時には(at)を@に置き換えてください

 

   Research Gate  (←リサーチゲート)

            Researchmap (←リサーチマップ)

 



堀越 洋輔(ほりこし ようすけ)
助教(学内講師)

【専門分野】 生化学,細胞生物学

【研究テーマ】 細胞極性の異常と病態発生の分子基盤の解明

        食品成分の細胞極性に対する作用

 【担当科目】細胞生化学、生化学、基礎医学実習

【略歴】

  19964月~20003

 東海大学・開発工学部・生物工学科

 20004月~20023

 横浜市立大学大学院・医学研究科・医科学専攻・修士課程

 (分子細胞生物学教室・大野茂男・研究室)

 20024月~20063

 横浜市立大学大学院・医学研究科生理系生化学第二専

  (分子細胞生物学教室・大野茂男・研究室)

 20064月~20075月 

 横浜市立大学・博士研究員

 (分子細胞生物学教室・大野茂男・研究室)

 20076月~20093月 

 東京大学・分子細胞生物学研究所・若手フロンティア研究プログラム

 ・特任研究員

 (末次志郎・研究室)

 20094月~20123月 

  東海大学医学部・基盤診療学系・病理診断学・奨励研究員

 (竹腰進・研究室)

  20124月~現在 

  鳥取大学・医学部・生化学教室(旧統合分子医化学分野)

 

連絡先

Horikoshiy(at)med.tottori-u.ac.jp

(@を(at) と表示しています。メール時には (at) を@に置き換えて使用ください)

 Researchmap

 https://researchmap.jp/60448678/ 



倉敷 達之(くらしき たつゆき)
社会人大学院生(麻酔・集中治療医学分野)


原 和志(はら かずし)
社会人大学院生(消化器・小児外科学分野)


教室に出入りして研究している猛者たち
(写真は厳冬・早朝の大山)

北川良憲(麻酔・集中治療医学分野)

森本昌樹(米子医療センター)



出入りしている学生 Welcome !!
(写真は鳥取市白兎海岸・大黒様と白兎の石像)

野村聡子

大端 周

青木優奈



過去に在籍した人たち
(写真は早春雪解けのクロッカス)

(山田一夫教授時代以降)

<元教職員>

山田一夫(鳥取大学名誉教授)

山家誠夫

木村宏二

小倉嘉夫(現  神戸女子大教授)

市育代(現  お茶の水女子大講師)

楠本智章(現  広島国際大教授)

寺岡麻里

甲斐政親

宇山由美子

 

<出身者(大学院生,卒業研究生)>

隅岡 功

福馬寿幸

岡田和郎

田中新亮

大畑修三

山本康善(旧姓 藤井)

三瓶まり

持田晋輔

仲田純也

宮本くみ子(旧姓 斎藤)

中谷亜季(旧姓 戸川)

西田直史

井上知子

武居剛史

堀江俊輔

森山千尋

山下 敦

森川仁詞

図子哲平

片野 諭

菊池大介

片山理恵

紙崎考基

小林奈緒子(旧姓 田島)

花木武彦

高橋 徹

仲宗根正人(現 麻酔・集中治療医学講師)

北川良憲

森本昌樹

野中智生

 

<短期研究員>

山川三穂(旧姓 吉田)